ホーム > 民法総則 > 代理


代理

民法総則第5章第3節(99条―118条)は、代理に関する規定を置く。代理とは、法律行為の効果を他人に帰属させるための制度である。代理が有効でない場合においてどのようにして取引の安全をはかるかが重要な問題となる。

「代理」コンテンツ一覧

 代理とは

代理の特色と機能/代理の法律関係(要件・効果)/代理の種類/代理に親しまない行為/代理に類似する制度

 代理権の発生と消滅

代理権の発生/代理権の消滅

 代理権の範囲と制限

代理権の範囲/自己契約・双方代理/共同代理/代理人の権限濫用

 代理行為

顕名/代理行為の瑕疵/代理人の能力/代理行為の効果

 復代理

復代理の法律関係/復代理と代理人の責任/復代理人の代理権の消滅

 無権代理と表見代理

無権代理とは/表見代理とは

 代理権授与の表示による表見代理

民法109条適用の要件/白紙委任状の濫用/名義貸し/民法109条の適用範囲

 権限外の行為の表見代理

民法110条適用の要件/基本代理権の認定/正当理由の判断/民法110条の適用範囲

 代理権消滅後の表見代理

民法112条適用の要件/民法112条の適用上の問題

 無権代理行為の追認

無権代理行為の効果帰属/本人の追認権・追認拒絶権/相手方の催告権・取消権

 無権代理人の責任

民法117条の趣旨/117条の責任の内容/117条の責任の要件/無権代理人の責任と表見代理との関係

 無権代理と相続

相続における無権代理の処理/無権代理人の本人相続/本人の無権代理人相続/第三者による無権代理人と本人の相続

サイト内検索

 ご意見・ご感想は、掲示板をご利用ください。

サイト内検索

スポンサードリンク