ホーム > 民法総則 > 期間

期間

このページの最終更新日 2016年10月8日

▼ 「期間」コンテンツ一覧

民法は、第一編第六章「期間の計算」において、期間の計算方法についての一般的な原則を定めている。民法の期間の計算方法に関する規定は、ひろく法律関係一般に適用される通則である。期間の計算方法には2種類あり、短期間(時間単位)と長期間(日・週・月・年単位)とでそれぞれ異なった計算法を適用する。

「期間」コンテンツ一覧

 期間の計算方法

期間とは/二種類の計算方法/長期間の計算方法/過去にさかのぼる場合の計算方法

民法総則のカテゴリー

法人法律行為意思表示代理無効と取消し条件と期限/期間/時効

 ご意見・ご感想は、掲示板をご利用ください。

サイト内検索

条文・判例リンク

スポンサードリンク

更新情報(Twitter)