ホーム > 民法総則 > 条件と期限


条件と期限

民法総則編第5章第5節(127条―137条)は、条件と期限に関する規定を置く。条件と期限とは、ともに法律行為の効力を所定の事実にかからせるために法律行為に附せられた制限である。

「条件と期限」コンテンツ一覧

 条件とは

条件とは/条件の種類/条件に親しまない行為

 条件付法律行為の効力

条件の成否確定後の効力/条件の成否未定の間の効力(条件付権利)/条件の成就・不成就の擬制/特殊な条件の効力

 期限とは

期限とは(出世払い)/期限の種類/期限に親しまない行為

 期限付法律行為の効力(期限の利益)

期限の到来の効果/期限の利益とは/期限の利益の放棄/期限の利益の喪失

サイト内検索

民法総則のカテゴリー

法人

法律行為

意思表示

代理

無効と取消し

条件と期限

期間

時効

 ご意見・ご感想は、掲示板をご利用ください。

サイト内検索

スポンサードリンク