ホーム > 民法総則 > 法律行為


法律行為

法律行為は、権利の変動をもたらす重要な原因である。民法総則第5章は法律行為に関する一般的な規定を置いており、そのうち第1節「総則」(90条―92条)は、法律行為全般の内容に関する規定を置いている。

「法律行為」コンテンツ一覧

 法律行為とは

法律要件と法律効果/法律行為と法律行為自由の原則/準法律行為/法律行為の種類

 法律行為の成立と解釈

法律行為の成立/法律行為の解釈/契約の解釈

 法律行為の有効性

法律行為の要件/内容に関する有効要件/確定性/実現可能性

 強行規定違反

公の秩序に関する規定/取締規定違反/脱法行為の効力

 公序良俗違反

内容の社会的妥当性/公序良俗違反の行為/動機の不法/公序良俗違反の効果

サイト内検索

 ご意見・ご感想は、掲示板をご利用ください。

サイト内検索

スポンサードリンク